相続財産を分ける

中谷法律事務所

048-834-8703

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-2-2 渡辺ビル2F

【営業時間】平日 午前9時~午後6時/土曜 午前10時~午後4時
【定休日】日曜・祝日

相続財産を分ける

2018/11/22 相続財産を分ける

相続人が複数いるけれども、亡くなられた方が遺言書を残していなかった場合、相続人全員で話し合い、遺産分割協議書を作成して、誰がどの財産を相続するのかを明確に書面にすることをお勧めします。

法定相続分の割合に応じて分けてもいいですし、不動産や預貯金口座といった財産ごとに相続する方を指定することもできます。

協議書を作った後に判明した財産については、その財産についての遺産分割協議書を別途作ることもできます。

ただし、遺産分割協議書はあくまで相続人の間での取決めですので、亡くなられた方に債務があった場合、第三者である債権者は遺産分割協議書の内容にかかわらず、全相続人に対して法定相続分の返済を求めることができます。

ですので、亡くなられた方に債務があり、プラスの財産と併せて考えても債務を相続したくない場合は、相続放棄など別の手段をとらないと対抗できませんので、注意が必要です

遺産分割協議書のひな形は、インターネット上でも簡単に参照できますが、大まかに申しますと、亡くなられた方の氏名、死亡日、生前の本籍、最後の住所を明記し、この方の相続人を列挙し、亡くなられた方の相続に関し、全相続人で話し合った結果、どの財産をどの相続人が相続するかを記します。そして最後に、その内容に承諾したとして、日付、各相続人直筆で住所、署名、実印での捺印をして完成です。

預貯金の相続手続きや不動産の相続登記をする際には、この遺産分割協議書に、各印鑑証明書を添付して、申請します。

来年2019年1月13日からは、亡くなった方名義の自宅に配偶者が住み続ける権利、配偶者居住権が新設されるなど、相続に関する法改正がなされます。

ご遺族のみなさまにとってどのような相続がよいのか、迷われましたら、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中谷法律事務所

【住所】
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-2-2 渡辺ビル2F

【電話番号】
048-834-8703

【営業時間】
平日 午前9時~午後6時/土曜 午前10時~午後4時

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP