遺言書は作っておくべき?

中谷法律事務所

048-834-8703

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-2-2 渡辺ビル2F

【営業時間】平日 午前9時~午後6時/土曜 午前10時~午後4時
【定休日】日曜・祝日

遺言書は作っておくべき?

2018/12/21 遺言書は作っておくべき?

ご自分の財産を特定の人に残したい、この財産は誰々に引き継いでもらいたい、といったご希望がある場合は、遺言を作成しておかれた方がよいでしょう。

3種類ある普通遺言の中でも、公正証書遺言を作成しておけば、亡くなられた後に手続きをする必要もなく、指定された相続人が手続きを行う際にスムーズに行うことができます。

また、遺言にて遺言執行者を指定することもでき、信頼できる人に相続を任せたいという意思を記しておくこともできます。

公正証書遺言を作成するには、所有財産に関する資料等をそろえて、公証役場に行って書類を作成する必要があり、財産の総額に応じて費用もかかります。

相続人が相続手続きをする際に困らないような、遺言の内容にするには、やはり弁護士などの専門家にアドバイスを求めるべきで、その点でも費用がかかります。

逆に、遺言がなかった場合は、法定相続とおりの割合で財産を分割相続するか、相続人同士で話し合って決めた分割方法を記した遺産分割協議書を作成して相続するか、というのが一般的です。

ですので、遺言がなくても、相続人同士に争いがなく、相続手続きに協力的であれば、戸籍謄本等の取り寄せや書類作成といった多少の手間は避けられないにしても、専門家に依頼しなくても手続きは可能です。

遺言の有無にかかわらず、相続人の間で相続の仕方について意見の合意が得られず、遺留分や寄与分を求めて話がまとまらない場合には、調停や裁判にせざるを得ないこともあります。

そのような場合、相続人同士で感情的な話し合いになるよりも、弁護士など専門家に相談して、第三者での話し合いとすることをお勧めします。

遺言の有無がスムーズな相続となるか否かは、相続人次第ではありますが、ご本人の気持ちを遺言として残すことを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中谷法律事務所

【住所】
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-2-2 渡辺ビル2F

【電話番号】
048-834-8703

【営業時間】
平日 午前9時~午後6時/土曜 午前10時~午後4時

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP